あなたは大丈夫?難聴の悩み

突発性難聴について

「突発性難聴」とは、ある日突然、耳が聴こえなくなる疾患で、厚生労働省が特定疾患に指定している難病です。

明確な原因は不明ですが、ウイルス感染説と内耳循環害説という2つが有力とされ、内耳にある蝸牛(かぎゅう)という器官に何らかの異常が発生して起こるものと言われています。ストレスや疲労の蓄積、不規則な生活なども要因ではないかと考えられています。

厚生労働省が実施した調査によると、人口100万人に対する患者数は1993年では192.4人(推定患者数24,000人)でしたが、2001年には275.0人(推定患者数35,000人)と増加が見られました。

片側の耳のみに発症することがほとんどで、両耳とも聴こえなくなるというのはまれです。

また、音が徐々に聴こえにくくなるというものではなく、「朝起きた時」とか「電車に乗っている時」というように、発症したタイミングを本人がはっきり自覚できるほど、いきなり聴こえなくなるという特徴があります。

突発性難聴は、耳が聴こえなくなるという症状以外に、耳鳴りや耳が詰まったような感覚、めまい、吐き気、おう吐といった症状を伴う場合が多く見受けられます。

どのような人が突発性難聴になりやすいか、といった傾向は特に判明していませんが、発症前に強い疲労を感じていたり、胃腸炎や蕁麻疹、高血圧、糖尿病、心疾患といった既往症を持つ人が多いとも言われています。

また、はっきりとした原因が解明されていないため、治療法も確立されていません。現在有力とされるウイルス感染説と内耳循環害説を視野に入れた、ステロイド剤や血管拡張剤、代謝改善薬、ビタミン剤の投薬といった治療が主に行われるようです。

突発性難聴を発症した人のうち、完治もしくはほぼ治癒する人は7割弱程度と言われています。発症してすぐに治療に入る人ほど回復しやすいという意見もあるため、難聴の症状が出たらすぐに耳鼻咽喉科に行きましょう。