あなたは大丈夫?難聴の悩み

HOME >>  難聴に関して > 難聴の種類

難聴の種類

最近では芸能人等でもなることがあり、一般の認知度も比較的高い「難聴」ですが、難聴には種類があり、それにより原因や症状が異なることを知る人はそれ程多くはないのではないでしょうか。

難聴には障害器官の違いにより、大きく3つに分類されます。

1つめは、「伝音性難聴」です。これは耳介や外耳といった耳の外側の部分の障害による難聴です。この部分は音を神経まで伝達する部分で、内耳炎による難聴等もこれに該当します。神経には障害が無いため、治療によって治る可能性が高いですし、補聴器をつけることで症状が大きく緩和される難聴です。

2つめは「感音性難聴」です。これは内耳や聴覚神経といった耳の内側の部分の障害による難聴です。この部分は伝わってきた音を電気信号に変換し、脳に伝えるところです。この部分が障害されると、間違った形で言葉が脳に伝わってしまうため、上手く言葉が理解できません。そのため、補聴器を使って音を大きくしたとしても、正しい聞き取りが出来ないのです。

また、感音性難聴は音の周波数によって、聞こえ方が違う場合も多く、治療が困難なことも多いです。突発性難聴は感音性難聴に分類されますが、ストレスが原因とされる説、ウイルスが原因とされる説等、明確な原因は解明されていませんが、早めの治療で回復が可能とされています。

3つめは、上記の2つを併せ持った「混合性難聴」です。どちらの度合いが強いかで補聴器の効果は異なってきます。老人性難聴は混合性難聴であることが多いです。

上記の様な障害器官による分類の他に、聴力の度合いによる分類も出来ます。聞き取ることが出来る音の大きさによって、軽度・中度・高度・重度難聴に分類されます。しかし、実際には音の周波数によって聞こえ方が異なる可能性もあるので、個人差が大きいです。